【実際】tech boost(テックブースト)受講生の転職先(就職先)は正直どう?

techboost転職先

最近、実務未経験の転職の難易度が上がってますが、それでも転職できる人がいるというのも事実です。

tech boostをこれから受講しようと考えているが、実際にtech boostはどういう企業に転職しているのか気になるのではないでしょうか?

そこで今回は、「tech boostの転職先となぜtech boostの受講生が優良企業に転職できるのか?」について解説したいと思います。

sho
実際、実務未経験でも転職は可能だよ!

実務未経験からエンジニアになりたいと考えている人やtech boostで受講することを検討している人はぜひ本記事を読み進めてみてください。

結論
  • tech boostの転職先・就職先の割合は、SES:受託:自社開発 = 7 : 2 : 1
  • tech boostを運営する株式会社BrandingEngineerは転職支援を自社サービスとして展開している
  • tech boostの転職先は優良企業が多く、プロのメンターによる転職サポートも手厚い
  • 特に20代・30代以降で未経験転職を考えている人は、まずは無料カウンセリングを使うべし

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

tech boost(テックブースト)の転職先(就職先)事例一覧

techboost転職先

こちらでは「tech boostの転職先(就職先)の事例」について紹介していきます。

tech boostを受講した生徒の転職先の割合としては、SES企業が7割、受託開発企業が2割、自社開発企業が1割になります

業態の種類
  • SES → エンジニアのニーズがある会社に技術者として派遣
  • 受託開発 → 発注を受けたシステム・プロダクトを開発
  • 自社開発 → 自社で運営しているサービスを開発

受託開発企業と自社開発企業よりもSESのほうが多いため、SES企業への転職の割合が高くなります。

tech boostでは勤務時間が8時間未満の企業を選び、技術力が高い企業を選ぶという基準で転職活動を行っているそうです。

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

tech boost(テックブースト)を受講して未経験からITエンジニアに転職できる理由

techboostのトップページ

こちらでは「なぜtech boostを受講して優良企業に転職できるのか」について解説していきます。

tech boostを受講して転職できる理由は以下の通りです。

tech boostを受講して優良企業に転職できる理由
  • 転職支援を自社サービスとして展開
  • 常駐しているプロのメンターに質問し放題定期的なメンタリングで転職サポート

それぞれの理由についてみていきましょう。

転職支援を自社サービスとして展開

Branding Engineer

tech boostを受講して優良企業に転職できる理由は、「転職支援を自社サービスとして展開」しているからです。

tech boostでは運営会社である株式会社Branding Engineerが展開する転職支援サービスTech Starsや独立支援サービスMidworksに所属するエージェントが転職・独立を手厚くサポートする体制が整っています。

転職や独立をサポートするエージェントがいるとスキルや経験がどれくらいあれば実務未経験からIT企業のエンジニアに転職できるのかを熟知しています

こういった転職情報を熟知しているプロのアドバイスを参考に転職活動を進めることができるのは実務未経験者にとって非常に心強いはずです。

常駐しているプロのメンターに質問し放題

techboostメンター

tech boostを受講して優良企業に転職できるのは、「常駐しているプロのメンターに質問し放題」の環境が整っているからです。

tech boostは全員現役のエンジニアが講師をしています。

常駐しているプロのメンターが現役エンジニアであれば、受講生がエラーで詰まってもいざという時にメンターに質問できるのは非常に心強いです

定期的なメンタリングで転職サポート

techboostメンタリング

tech boostを受講して優良企業に転職できるのは、「定期的なメンタリングで転職サポート」を行っているからです。

受講生はプログラミングスクールで勉強するだけでなく、転職活動も並行で行わなければなりません。

転職活動は肉体的にも精神的にもしんどいことばかりなので、定期的なメンタリングを行うことで受講生のモチベーションを維持する転職サポートをしていることも非常に大きな役割を担っています

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

失敗しない転職先の選び方

こちらでは「失敗しない転職先の選び方」について解説していきます。

失敗しない転職先の選び方は以下の2つを意識すると良いでしょう。

失敗しない転職先の選び方
  • SES業態は避ける
  • 未経験歓迎は避ける

それぞれの内容について見ていきましょう。

SES業態は避ける

techboostSES

失敗しない転職先を選ぶコツとしては、「SES業態は避ける」ことが非常に重要です

SESとはSystem Engineering Serviceの略で、簡単に説明すると客先にエンジニアを派遣する委託契約を指します。

実務未経験の転職でSESを避けたほうが良いと言われる理由としては、未経験からSESに入社したらプログラミングとは全く関係ない仕事を客先に派遣することが実際にあるからです

実際にプログラミングとは関係ない仕事とは、家電メーカーの販売や電力会社の営業などプログラミングスキルが全く身につかない案件にアサインされることがあります。

こういったSES企業に共通しているのは、社長がプログラミングを全くできないという点です。

少なくとも社長がプログラミングを全くできないSESは避けるようにしましょう。

未経験歓迎は避ける

techboost未経験

失敗しない転職先を選ぶコツとしては、「未経験歓迎は避ける」ことです

未経験歓迎している企業のほとんどは、開発すらさせてもらえない企業がほとんどです。

コロナの影響もあり、実務未経験で開発をしている企業の採用枠は縮小しています。

その中で未経験歓迎というのは、明らかに不自然だと思って良いです。

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

【Q&A】tech boost(テックブースト)について

こちらではtech boostについて気になると思うことをQ&Aで回答していきます。

分割払いはできる? → できます!

「tech boostは分割払いに対応しているのか?」について気になるかと思います。

結論から申し上げると、分割払いは可能です

tech boostでは信販会社と提携しているかどうかは公式ホームページには記載されておらず、分割払いにする際はご自身のクレジットカードのカード会社にお問い合わせをしましょう。

techboost分割払い

【回答】tech boost(テックブースト)は分割払いに対応してる?→しています!

10月 9, 2021

受講したらフリーランスになれる? → 一旦転職がおすすめ!

「tech boostを受講したらいきなりフリーランスになれるのか?」が気になるかと思います。

結論から申し上げると、tech boostを受講したら最初はフリーランスではなく転職してIT企業でエンジニアとして実務経験を積むことをおすすめします

tech boostはWebアプリケーションを開発するエンジニア育成のためのプログラミングスクールなので、tech boostを受講していきなりフリーランスになることは不可能です。

プログラミングスクール受講してからフリーランスになりたいという人は、Web制作のコーディングやWordPressを学ぶことをおすすめします。

techboostフリーランス

【現実】tech boost(テックブースト)を受講してフリーランスになれる?実現するためのステップを紹介

10月 11, 2021

【まとめ】tech boost(テックブースト)を使って転職を考えているなら、無料カウンセリングを予約しよう!

今回は実務未経験の人がtech boostを卒業後の転職先についてお話させていただきました。

この記事を読んでいる人は実務未経験からエンジニアになりたいと考えている人がほとんどだと思います。

tech boostでは現役エンジニアからプログラミングを学べる環境で、失敗しない企業の選び方を教えてもらえる環境となっています

もしこの記事を読んでtech boostが気になったという人は、ぜひtech boostの無料カウンセリングを予約して足を運んでみてください。

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA