【良コスパ】RUNTEQの料金は高い?現役エンジニアが他のスクールと徹底比較

runteq 料金

RUNTEQに通ってWebエンジニアとして活躍したいあなた。

高い受講料を払ってまでスクールに通う価値があるのだろうかと迷っていませんか。

sho
お金を投資すれば、人生のショートカットができるイメージかな!

結論から言うと、RUNTEQの料金は費用対効果で考えるとコストパフォーマンスが高いです

この記事では次のポイントからRUNTEQの料金を解説します。

この記事のポイント
  • RUNTEQは3つのコースがあり、受講生の習熟度によって料金が違う(それぞれ転職サポートあり)
  • RUNTEQの受講料を安くするコツは「事前学習」→ Progateの利用がおすすめ
  • 自分で習熟度を断定するのはかなり禁物、RUNTEQの無料カウンセリングを使って軽く相談をしてみよう

RUNTEQには無料のカウンセリングがあるので、気になったことがあれば疑問点を解消してみましょう。

RUNTEQ公式サイト

RUNTEQ
無料カウンセリングに申し込む

RUNTEQの料金は高い?料金表一覧

RUNTEQのトップページ

RUNTEQでは3つのコースが用意されています。

コースの内容を把握し、自分に最適なコースを選ぶことが重要です。

選ぶ際のポイント
  • RUNTEQの3つの学習コース
  • おすすめのコースは習熟度次第

ここでは、RUNTEQの料金について次の2つに絞って解説します。

3つの学習コース

各コースの料金と内容の詳細は次の通りです。

WebマスターコースRailsマスターコースRailsエンジニアコース
料金(税込)437,800円382,800円327,800円
申し込み資格プログラミング完全初心者の方HTMLやRailsの基本文法を学習済みの方Railsの基礎を網羅的に学習した方
事前学習不要約100時間約200時間
就職サポートありありあり
受講期間最大9ヵ月最大8ヵ月最大6ヵ月
受講時間約1,000時間約900時間約780時間

学ぶ言語はどのコースもRuby on Railsですが、受講生の習熟度によってコースが分かれているのが分かります

結論: どのコースがおすすめ? → 習熟度次第

無料カウンセリングで気軽に相談しよう

先ほども解説した通り、各コースで受講生に求められる習熟度が異なります。

そのため、RUNTEQに申し込む際にはご自身の経験、スキルに合ったコース選びが重要になります

ただし、習熟度の自己判断は禁物です。

習熟度を自分で勝手に判断してコースを選択すると、後悔する可能性があります。

カリキュラムが難しすぎてついていけなくなったり、逆に知っている内容のおさらいばかりになるのは避けたいですね。

RUNTEQでは無料カウンセリングを実施しているので、まずは無料カウンセリングで自分のレベル感を相談し、どのコースを選ぶのが最適か見極めましょう

客観的に自分のレベル感を判断してもらうことで、コースレベルとのミスマッチを減らすことができますよ。

RUNTEQ公式サイト

RUNTEQ
無料カウンセリングに申し込む

RUNTEQの料金を安くするコツ

もしRUNTEQを受講するなら、なるべく料金は安く押さえたいですよね。

ここではRUNTEQの受講料を安くするコツを解説します。

キーワードは、事前学習です。

ProgateやRailsチュートリアルをやっておく

事前に学習しておくとお得に

RUNTEQは、Railsマスターコースで約100時間、Railsエンジニアコースで約200時間の事前学習が必要です。

WebマスターコースRailsマスターコースRailsエンジニアコース
申し込み資格プログラミング完全初心者の方HTMLやRailsの基本文法を学習済みの方Railsの基礎を網羅的に学習した方
事前学習不要約100時間約200時間

つまりHTMLやRailsの事前学習をしておと、Railsマスターコースから始めることができます

Webマスターコースが税抜398,000円、Railsマスターコースが348,000円でその差はなんと50,000円。

これなら事前学習をする価値が十分あると言えるでしょう。

事前学習にはProgateがおすすめです。Progateは、完全初心者がプログラミングを気軽に学べるWebサービスを展開しています。

有料プランだと84ものレッスンが月額1,078円(税込)で受けられるサブスクリプション型のサービスです。

もちろん、HTMLもRailsもコースにあります。

無料プランもあるので、まずは無料プランを利用して自分に合うようなら有料プランに移行しましょう。

 

もしProgateの学習を終えて、余力があるならRailsチュートリアルにも挑戦しましょう

こちらは難易度がProgateよりも高いです。

しかし、その分実力もつくのでRailsエンジニアコースからのスタートが見えてきます。

Railsエンジニアコースの受講料は税抜298,000円。

Railsマスターコースよりさらに50,000円安いので、これも取り組む価値が十分あると言えます。

補足: エンジニアに転職すれば、元本は回収可能

エンジニアの需要

RUNTEQの受講料は高いですが、もしあなたがWebエンジニアになれば、元本回収は十分可能です

エンジニアの年収は高いため、転職で現在の年収より高い年収を得られれば、初期投資は回収できます。

具体的なエンジニア求人の年収を見てみましょう。

Railsエンジニアの求人

ご覧の通り、エンジニア求人の年収上限は高いです。

あなたの今の年収から40万円以上アップする見込みがあるなら、約1年でRUNTEQのスクール代を回収できますね。

また、これは初任給の額なので中長期的に見ればさらに給料が上がる可能性があります。

中長期的に見るとエンジニアの需要が上がる見込みなので、その分給料も上がる可能性大です。

また、2〜3年実務経験を積めば、フリーランスも視野に入ってきます。

Railsエンジニアのフリーランスの求人

このように、フリーランスになるとさらに年収はアップします。

RUNTEQの料金を他のスクールと比較

他のスクールと比較して考えよう

Ruby on Railsを受講できる他のプログラミングスクールと、RUNTEQの料金を比較してみましょう。

比較するプログラミングスクールは次の3つです。

比較するプログラミングスクール
  • 侍エンジニア塾
  • POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)
  • TechAcademy(テックアカデミー)

どれも、RUNTEQと同様に次のサービスが用意されています。

用意されているサービス
  • オンライン型スクール
  • 転職サポートあり
  • 現役エンジニアによる講師

RUNTEQと他のスクールとの料金比較は次の通りです。

RUNTEQ侍エンジニア塾POTEPAN  CAMPTechAcademy
受講料(税込)437,800円190,000円440,000円284,900円
コースWebマスターコース転職コースRailsキャリアコース12週間プラン
受講期間9ヶ月2ヶ月5ヶ月4ヶ月

それぞれのスクールで学ぶカリキュラムが違うので一概に比較はできません。

しかし、受講期間を見るとRUNTEQの料金は高すぎるわけではないことが分かります

むしろお得感さえありますね。

RUNTEQ公式サイト

RUNTEQ
無料カウンセリングに申し込む

RUNTEQを受講するメリット

RUNTEQの受講料は、充実したカリキュラムに見合った金額だと解説しました。

しかし、RUNTEQの魅力はカリキュラムだけではありません

ここでは、RUNTEQを受講するその他2つのメリットを解説します。

RUNTEQのメリット
  • 自社開発企業への転職実績が豊富
  • 完全オンラインで働きながら受講可能

自社開発企業への転職実績が豊富

転職成功事例

RUNTEQでは就職サポートを受けることができます。

受けられるサポートは次の通りです。

RUNTEQで受けられる就職サポート
  1. 自己分析
  2. 書類添削
  3. 模擬面接
  4. 会社探しサポート
  5. 起業選考カリキュラムを利用した企業紹介

かなり手厚いサポートが受けられることが分かります。

RUNTEQ公式ページでは、就職成功事例として修了生インタビューも見ることができるので、是非確認してみましょう

介護士から未経験でエンジニア転職成功 鍵はコミュニティと模擬面接

RUNTEQ 転職先

【想定年収】RUNTEQ受講後の転職先(就職先)の実績を現役エンジニアが調査!

10月 12, 2021

完全オンラインで働きながら受講可能

完全オンライン

RUNTEQでは、カリキュラムの完全オンライン受講が可能です。

なので、仕事をしながら勉強したい社会人にも向いているスクールだと言えます。

また、RUNTEQはオンラインで受講生が孤立しないよう様々な工夫がされています。

本記事の結論
  • 月2回のオンライン面談でスタッフ(バディ)に何でも相談できる制度
  • 同期や現役エンジニアと交流できる活発なコミュニティ
  • Web業界について知ることができるオンラインイベント

これならオンラインで勉強を進めても安心ですね。

RUNTEQ 働きながら

働きながらRUNTEQを受講することは可能?両立スケジュールを考えてみた

10月 12, 2021

【Q&A】RUNTEQの料金について

最後に、RUNTEQの料金で良くある質問について、Q&A形式で見ていきましょう。

【Q&A】RUNTEQの料金について
  • 受講に必要なものは?→ パソコン(Mac)を用意しよう!
  • 分割払いはできる?→ RUNTEQは分割払いができる!

どちらも大切な事なので、是非確認してください。

受講に必要なものは? → パソコン(Mac)を用意しよう!

RUNTEQはMacでの受講を指定しています。

これはRailsを使用した多くのWeb系企業でMacが導入されているからです。

もし、Windowsしか持っておらずMacの購入で悩むようでしたら、無料相談会で相談してみましょう。

プログラミングスクールに通う前の準備

【事前準備】プログラミングスクールへ通う前に必ず用意しておきたいものとは?

5月 16, 2021

分割払いはできる? → RUNTEQは分割払いができる!

RUNTEQに通いたいけど、まとまったお金が用意できないと悩んでいるあなた。

ご安心ください。RUNTEQは分割払いが可能です。

各コースの月々の支払いは以下の通りです。

WebマスターコースRailsマスターコースRailsエンジニアコース
一括料金(税込)437,800円382,800円327,800円
分割月々(税込)21,000円~18,400円~15,700円~

頑張って生活費を節約すれば、これくらいなら支払い額を捻出できるのではないでしょうか。

分割払いについて悩む場合も、まず無料相談で支払い計画を相談してみましょう

RUNTEQ 分割払い

【2021年6月から】RUNTEQは分割払い可能?支払いシミュレーションも

10月 12, 2021

【まとめ】まずは気軽に無料相談から始めよう!

この記事では、RUNTEQの受講料についてまとめました。

本記事の結論
  • RUNTEQの料金は他のスクールと比較しても妥当な金額
  • RUNTEQには料金以外のサービスもメリットがたくさん
  • 料金のことでは注意点もあるので、まずは無料相談を

無料相談は、RUNTEQのWebページから申し込めます。

無料相談なので、気軽に何でも聞けます。特にお金のことは大切です。

料金を支払った後で、「こんなはずでは……」と後悔しないためにも、事前に無料相談で疑問を解消しておきましょう。

RUNTEQ公式サイト

RUNTEQ
無料カウンセリングに申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA