【現実】tech boost(テックブースト)を受講してフリーランスになれる?実現するためのステップを紹介

techboostフリーランス

「tech boostで学習したら、フリーランスになれるの?」

「そもそもプログラミング未経験からフリーランスとして稼げるかな?」

本記事ではそんな悩みを解消するため『tech boost』についての解説や、未経験からフリーランスになるための流れについても紹介します。

sho
結論から言ってしまうと「急がば回れ」だね!

本気で未経験からフリーランスになりたいなら、エンジニア転職に強いtech boostで学習することが、一番の近道です!

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

疑問: なぜ未経験からフリーランスになるのが厳しいのか

結論として、未経験からフリーランスになるのは、厳しいのが現実です。

その理由は、下記のとおりです。

未経験からフリーランスは難しい理由
  • 実務経験が足りない
  • 単価が安定しない

もちろん、努力や適性しだいで、未経験からフリーランスになれる人もいます。しかし、上記のような理由があって、そのハードルが高いのも事実です。

それぞれの理由について、詳しく解説していきます。

実務経験が足りない

信頼されるには実績が必要

実務経験が足りないと、フリーランスエンジニアになるのは、厳しいでしょう。

なぜなら、仕事を依頼する企業は「実績のある」エンジニアを選ぶからです。

たとえば、企業の発注担当者が「実務経験のない」フリーランスに依頼する場合、下記のような不安を覚えます。

企業が未経験フリーランスに感じる不安
  • このフリーランスは、発注する仕事内容に見合った実力はあるのか
  • このフリーランスは、チーム開発のコミュニケーションが取れるのか
  • このフリーランスに、高額の報酬を支払う価値はあるのか

こういった不安な印象を与えてしまうため、実務経験のないフリーランスに依頼するのは「大きなリスクがある」と感じてしまいます。

未経験からフリーランスになりたい人は、実務経験を積むまでのコネクションや営業力、信頼されるレベルのポートフォリオが必要になるでしょう。

単価が安定しない

まずは実績作りから始めよう

単価が安定しないので、未経験からフリーランスになるのは、オススメしません。

なぜなら、高単価の案件を連続して獲得するのは難しいからです。

高単価の案件を獲得しようとしても、下記のようなハードルを超えられません。

未経験フリーランスのハードル
  • 案件へ応募するとき、エンジニアとしての実務経験による制限
  • 案件へ応募するとき、使用言語の経験年数の制限
  • 案件へ応募できても、実務経験の豊富なエンジニアに負ける

以上のような理由により、未経験フリーランスは、クラウドソーシングのような低価格案件しか受注できません。

収入が安定しないので、生活的にも質素な生活を強いられますし、精神的にも不安を抱え続けるでしょう。

代替案:未経験エンジニアは転職から始めよう

techboostのキャリア支援

未経験からフリーランスエンジニアになりたい人は、転職から始めましょう。

理由は、下記のとおりです。

転職がおすすめの理由
  • 実務経験を積むことで、将来的にフリーランスとして成功しやすいから
  • 正社員になれば、安定収入を得つつ、スキルアップできるから
  • 就職先がホワイト企業なら、フリーランスにならない選択肢もあるから

未経験からエンジニアに転職することで、上記のような多くのメリットを得られます。

反対に、未経験エンジニアだと実務経験がないことで、収入が伸び悩んだり、企業から相手にされなかったりと、たくさんのデメリットを避けられません。

フリーランスエンジニアとなって、好きな時間・好きな場所で働き、自由に生きたいのであれば、まずは1〜3年間の修業を積みましょう。

techboost転職先

【実際】tech boost(テックブースト)受講生の転職先(就職先)は正直どう?

10月 8, 2021

tech boost(テックブースト)を受講して、稼げるフリーランスになる着実な方法

それでは、未経験がフリーランスになる具体的な方法を解説します。

稼げるフリーランスになる着実な方法は、下記の4ステップです。

稼げるフリーランスになる流れ
  1. tech boostの「ブーストコース」を受講する
  2. エンジニアとして実務経験を積む(2~3年)
  3. 本業をしながら副業を始める
  4. フリーランスとして独立する

それぞれのステップについて、詳しく解説していきます。

1. tech boost(テックブースト)の「ブーストコース」を受講する

techboostおすすめコース

プログラミングスクール『tech boost』の「ブーストコース」を受講しましょう。

tech boostなら、未経験からWebエンジニアへの転職を目指せます。

その理由は、下記のとおりです。

tech boostの特徴
  • プログラミング初心者でも、エンジニア転職の実績多数
  • メンター(講師)は、現役エンジニアのみ
  • 自社の転職支援サービスにより、手厚いサポートあり

上記の理由から、tech boostは未経験からWebエンジニアを目指す最適解ともいえます。

稼げるフリーランスエンジニアを目指すなら、プロが指導してくれるスクールで、知識・技術を吸収して、その下地を作りましょう。

2. ITエンジニアとして実務経験を積む(2~3年)

フリーランスになるための準備

tech boostの転職支援サービスにより、エンジニア転職を果たしたなら、その後は、エンジニアとして実務経験を2~3年は積みましょう

実務経験を積むことで、フリーランス転身への下地をより強固にしていきます。

なお、実務経験を積むときは、下記のポイントを意識しましょう。

実務経験を積むときの3つのポイント
  • 将来的に、フリーランスとして働きたい業界を選ぶこと
  • フリーランスになることを想定して、コネクションを作ること
  • 就職先の雇用を外れても、そのまま業務委託契約を続ける可能性を検討すること

実務経験を積みつつ、フリーランスへの準備は着実に始めていきます。

ただし、就職・転職先の居心地が良くて、収入にも満足できるなら、そのまま働き続ける選択肢も一向に構いません

3. 本業をしながら副業を始める

副業で本業の経験を活かす

スキルもかなり身につき、本業が落ち着いてきたら副業に挑戦しましょう。

なぜなら、副業はフリーランスとして稼ぐ予行練習になるからです。

具体的には、下記の流れで無理のない副業に挑戦できます。

副業に挑戦する流れ
  1. クラウドソーシングに登録する
  2. LP案件・Web制作案件など短期・単発の案件を受注する
  3. 繰り返して案件契約に慣れつつ、営業力を身に付ける

副業だからといっても、案件次第では生活費の足しになる、大きな副収入になります。

クラウドソーシングサイトでは「本業がエンジニアであること」をアピールすれば案件は獲得しやすいうえに、高単価を狙えるでしょう

また、クラウドソーシングを通じて、フリーランス転身後のクライアント探しにも繋がるので、一石二鳥です。

4. フリーランスとして独立する

経験と実績を積んでフリーランスになる

副業でコツをつかみ、実務経験も最低1年以上を超えたら、フリーランスとして独立しましょう

プログラミングスクールの学習と本業の実務経験、副業の経験があれば、フリーランスとして安定的に稼げるようになっています。

具体的に、フリーランスは下記の方法で仕事を獲得しています。

フリーランスの仕事獲得方法
  • フリーランスエージェントサービスに登録し、仕事を紹介してもらう
  • クラウドソーシングサイトで、案件に自分から応募する
  • SNSやブログを通じて、企業から声を掛けてもらう

実績も実力も申し分ないフリーランスであれば、仕事の獲得自体はそう難しくありません

フリーランスとして活動年数が長ければ、より人生は安定していくでしょう。

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

フリーランス志望者にtech boost(テックブースト)がおすすめできる理由

フリーランス志望者は、プログラミングスクール『tech boost』がおすすめです。

その理由は、下記のとおりです。

tech boostがオススメな理由
  • 企業とのコネクションが強い
  • 料金が安い
  • 最新の技術が学べる

tech boostは、上記のように多くのメリットがあり、さらに受講生の評判は高い優良スクールです。

受講生の評判を知りたい人は、当サイトの『tech boostの評判』を参考にしてください。

techboostの評判OGP

【リアル】tech boost(テックブースト)の評判・口コミを徹底解剖【悪評は?】

10月 14, 2021

企業とのコネクションが強い

Branding Engineer

tech boostは、企業とのコネクションが強いメリットがあります。

なぜなら、tech boostを運営する株式会社Branding Engineerは、下記の転職支援サービスを展開しています。

株式会社Branding Engineerのサービス
  • TechStars:IT・Web・ゲーム業界特化のダイレクトリクルーティングサービス
  • Midworks:Web系職種特化のエージェントサービス

つまり、上記のサービスを通して株式会社Branding Engineerは、多くの企業とコネクションを持っています

そういった背景もあり、tech boostの転職支援サービスは評価が高く、多くの転職実績を生み出しているのです。

さらにtech boostの転職について知りたい方は、当サイトの『tech boostの評判』記事を参考にしてください。

料金が安い

techboostの料金表

tech boostは、他のプログラミングスクールの料金と比較して、格安です。

実際に、tech boostと他のスクールの料金を比較すると、下記のとおり明らかです。

tech boostTECH CAMPDMM WEBCAMP
コースブーストコース夜間・休日プラン
オンラインプラン
転職志望コース
受講料32,780円/月657,800円〜624,800円〜
入学金219,780円なしなし

tech boostは、入学金が約20万円掛かるものの、その後は約3万円の月額料金が発生するだけです

そのため、仕事を続けながらマイペースにコツコツ学んでも良し、一気に集中して学んでも良しで、学習期間分だけの料金しか払いません。

料金についてのより詳しい解説は『tech boostの料金』の記事を参考にしてください。

techboostの料金

【割引】tech boost(テックブースト)の料金は高い?1円でも安くするワザを紹介

10月 8, 2021

最新の技術が学べる

techboostカリキュラム

tech boostなら、最新の技術が学べます。

なぜなら、全てオーダーメイドでカリキュラムを作成してくれるからです

カリキュラムは、無料説明会を通じて、下記の流れで作成されます。

tech boostの無料説明会の流れ
  • 受講生のやりたいこと・目指すべきことをヒヤリング
  • ヒヤリングをもとに、個別に最適なカリキュラムを作成してくれます。
  • 質疑応答の時間を設けて、プログラミング学習の悩みを解決

「ブロックチェーン」や「機械学習」といった最新の技術についても、できる範囲で要望に答えてくれるでしょう。

tech boostは「あなたがやりたいこと・学びたいこと」に直結する内容をプロのエンジニアの指導のもとで、本格的に学習できます。

【まとめ】フリーランスへの道をtech boost(テックブースト)の無料体験から始めよう!

本記事の前半部分でお伝えしたとおり、未経験からフリーランスを目指すのはオススメしません。

安定して稼げるようになるには実務経験が必要であり、その学習過程のスタートとしてプログラミングスクール「tech boost」を選ぶべきです

tech boostの大切なポイントをもう一度確認しましょう。

本記事のまとめ
  • tech boostは、プロのエンジニアが指導する優良プログラミングスクール
  • 多くの企業とのコネクションがあるので、未経験からの転職に有利
  • 格安料金で、あなたが目指すべきフリーランスになれる学習内容を提供してくれる

フリーランスエンジニアを目指して、自由な生活を手に入れたいなら、最安で学習できるtech boostの受講から始めましょう!

まずは、無料カウンセリングを通して、自分がどんなフリーランスになりたいか、どんな学習をするべきか、相談するのがオススメです。

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA