【2つの方法】TechAcademy(テックアカデミー)を利用してフリーランスになれる?案件獲得までの実現ステップとは

TechAcademy_フリーランス

「TechAcademyでフリーランスは目指せるのだろうか…」

「TechAcademyにはどのようなコースがあるのかな?」

以上のような悩みや疑問をもっている方は少なくないでしょう。

sho
未経験からフリーランスになることって実際可能なのか、気になっている人も多いはず!

当記事では、TechAcademyでフリーランスを目指すことのできるコースについて詳しく紹介します。

また、フリーランスになるにあたっての注意点についても併せて解説します。

結論
  • TechAcademyの無料体験を活用してフリーランスへの一歩を踏み出そう
  • フリーランスにおすすめのコースは「フロントエンドコース」
  • 副業案件を受注する場合「Webデザインコース」、転職を選ぶ場合「エンジニア転職保証コース」がおすすめ
  • 実務経験を積んでからフリーランスになるほうがおすすめ

TechAcademyでは、無料体験が用意されているため、疑問点・不明点がある方はぜひ活用しましょう。

TechAcademy公式サイト

TechAcademy
無料カウンセリングに申し込む

TechAcademy(テックアカデミー)でフリーランスを目指す人におすすめのコース

TechAcademyのトップページ

ここでは、TechAcademyを受講してフリーランスを目指したい方におすすめのコースを紹介します。

フロントエンドコース

フロントエンドコース

TechAcademyでフリーランスを目指すのであれば、「フロントエンドコース」がおすすめです。

「フロントエンドコース」だけではなく、「フロントエンドフリーランスコース」も用意されています。

「フロントエンドコース」がフリーランスになるにあたっておすすめの理由は下記の通りです。

フロントエンドコースがおすすめの理由
  • フロントエンドのスキルは在宅ワークなどのリモートワークに向いている
  • オリジナルのポートフォリオを作成できる
  • フリーランスになるためにメンターと相談ができる

フロントエンドとは、Webサービスで直接ユーザーの目に触れる部分のことを指します。一方、バックエンドとは、サーバーサイドやデータベースなどの、ユーザーの目に見えない部分のことです。

バックエンドの仕事の場合、セキュリティなどの観点から、高度なスキルがないとフリーランス案件を受注しづらい特徴があります。

フロントエンドのスキルを身に付ければ、ポートフォリオを作成して、在宅などのフリーランス案件を比較的簡単に受注が可能です。

TechAcademy公式サイト

TechAcademy
無料カウンセリングに申し込む

Webデザインコース

Webデザインコース

フリーランスを目指すにあたって、まずは副業案件を受注したいと考えている方は、「Webデザインコース」がおすすめです。

Webサイトの制作・運用に関するフリーランス案件は非常に多いのが理由として挙げられます。

TechAcademyには、「Webデザインフリーランスセット」も用意されています。

「Webデザインフリーランスセット」には、クラウドワークス社Adobe社からコンテンツやサポートを提供してもらうことが可能です。

Webデザインの仕事はEC事業の発展に伴い、これからも需要が増加することが予想されています。

そのため、Webデザインは、本業としてもフリーランスとしてもおすすめのスキルといえるでしょう。

TechAcademyには無料体験があり、HTML・CSSなどのWebデザインに関する基本的なことを学べるため、ぜひ試してみてください。

TechAcademy公式サイト

TechAcademy
無料カウンセリングに申し込む

エンジニア転職保証コース

エンジニア転職保証コース

いきなりフリーランスを目指すことを考えていない方は、「エンジニア転職保証コース」がおすすめです。

「エンジニア転職保証コース」であれば、20歳から32歳までであれば、転職保証制度を受けることができます。

転職保証制度によって、転職ができなかった場合には、受講料の全額を返金してもらうことが可能です。

他にも下記のような転職サポートがあります。

エンジニア転職保証コースのサポート
  • 自己分析サポート
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 求人紹介

エンジニアに転職して実務経験を積み、後にフリーランスを目指す場合には、エンジニア転職保証コースが最も適しています。

TechAcademy公式サイト

TechAcademy
無料カウンセリングに申し込む

忠告: 未経験からいきなりフリーランスになることはおすすめしない理由

未経験からでもフリーランスになることは簡単にできますが、いきなりフリーランスを選ぶのはおすすめできないこともあります。

ここでは、未経験からいきなりフリーランスになることはおすすめしない理由について詳しく紹介します。

即戦力のスキルが必要

即戦力のスキルが必要

フリーランスで会社員よりも稼ぐレベルになるためには、即戦力のスキルが求められます。

企業がフリーランスの中で雇いたい人は、自社で不足しているスキルを補うことのできる人材です。

スクール卒業レベルのスキルを身に付けた人材よりも、実務経験が豊富なフリーランスを雇いたいのが企業の本音でしょう。

そのため、実務経験なしにフリーランスとして活動するには、それなりのスキルや覚悟が必要といえます。

最初は単価が低い

単価アップ

実務経験なしのフリーランスでも、案件を受注することはできますが、単価が低い場合が多いです。

実務経験があるフリーランスと比較して、スキルが期待できないため、単価を低くして周囲と戦っていかなければなりません。

単価が低い案件で生計を立てるには、複数の案件を受注する必要があります。

そうなると、業務過多となり、会社員として働いたほうが精神面的にも良い可能性がでてきます。

もちろん単価が低い案件からスタートして、単価を上げていくことは可能ですが、それなりの努力や覚悟が必要です。

結論: 実務経験を積んで、独立しよう

以上から、実務経験を積んでから、フリーランスとして独立するのが得策といえるでしょう。

もちろん最初からフリーランスを目指すことは不可能ではないため、自分のスキルや環境を考慮して正しい選択をすることが大切です。

実務経験を積み、実績を作ってフリーランスとして活動するほうが、即戦力として活躍でき、単価の高い案件を受注できるでしょう

TechAcademy公式サイト

TechAcademy
無料カウンセリングに申し込む

【副業パターン】卒業後にフリーランスとして独立する方法 その1

これまでに説明したように、最初からフリーランスになるより、実務経験を積んでから独立したほうがおすすめです。

プログラミングスクール卒業後にフリーランスになる方法の1つとして、副業から始めることについて詳しく紹介します。

1. TechAcademy(テックアカデミー)の「Webデザインコース」を受講

Webデザインコース

まずは、TechAcademyの「Webデザインコース」を受講して、副業案件を受注できるスキルを身に付けましょう。

「Webデザインコース」では、下記のスキルを習得できます。

Webデザインコース卒業時に身に付くスキル
  • Webデザインの原則
  • HTML・CSSのコーディングスキル
  • レスポンシブデザイン
  • ワイヤーフレームや画像加工のスキル
  • jQueryのスキル

Webデザインコースを受講すれば、上記のスキルを身に付けることができ、オリジナルのWebサイトのデザインができるようになります。

副業案件を受注する方法について気になる方は、TechAcademyの無料体験の中のカウンセリングで聞いてみましょう。

TechAcademy公式サイト

TechAcademy
無料カウンセリングに申し込む

2. 本職を続けながら案件をこなして、ポートフォリオを貯める

副業をしよう

「Webデザインコース」でスキルを習得したら、本職と並行して副業を行い、ポートフォリオを作っていくことがおすすめです。

副業には下記に示すクラウドソーシングサービスを利用すると、副業案件を見つけやすいでしょう。

クラウドソーシングサービス
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • Bizseek
  • Craudia
  • ココナラ
  • スキルクラウド

他にも、求人サイトを利用したり、友人から案件をもらったり、SNSで案件募集をかけたりする方法もあります。

3. フリーランスとして独立

フリーランスに挑戦

副業案件である程度ポートフォリオが貯まり、フリーランスになっても充分な稼ぎが得られるようになったら独立しましょう。

フリーランスになると、会社の保険が利用できなくなるなどデメリットもあるため、きちんと理解を深めておくことが大切です。

【転職パターン】卒業後にフリーランスとして独立する方法 その2

プログラミングスクール卒業後にフリーランスになるもう1つの方法として、まず転職して実務経験を積んでから独立することについて詳しく紹介します。

1. TechAcademy(テックアカデミー)の「エンジニア転職保証コース」を受講

エンジニア転職保証コース

まずは、TechAcademyの「エンジニア転職保証コース」を受講して、転職を成功させましょう。

先述したように、転職できなかった場合には条件を満たしていれば、受講料を全額返金してもらうことができます。

また、「TechAcademyキャリア」というTechAcademy独自の転職サポートもあるのが特徴です。

そのため、転職できないというリスクを抑えて、スクールで勉強することができます。

転職先を選ぶ際には、労働環境がホワイトで、トレンド技術が身に付けられる企業を選択するのが重要です。

転職後どのようにしてフリーランスになったらいいかわからない方は、無料体験のカウンセリングを活用してみましょう。

TechAcademy公式サイト

TechAcademy
無料カウンセリングに申し込む

2. 転職して、2~3年の実務経験を積む

実務経験を積む

「エンジニア転職保証コース」を受講して転職が成功できたら、数年間実務経験を積みましょう。

実務経験を積みながら、できれば副業で案件を受注してみるのもおすすめです。

副業案件を受注する経験があれば、フリーランスになっても、スムーズに仕事を見つけられるようになります。

TechAcademy_転職先

【年収調査】TechAcademy(テックアカデミー)の転職先・就職先はどこ?転職サポートはどう?

7月 17, 2021

3. フリーランスとして独立

フリーランスに挑戦

実務経験を積み、フリーランスとしても生計を立てられる自信がついたら独立してみましょう。

たとえフリーランスで失敗したとしても、エンジニアとしての実務経験やスキルがあれば、再就職することはできます。

【まとめ】まずは無料体験でフリーランスへの第一歩を踏み出そう!

まとめ
  • フリーランスにおすすめのコースは「フロントエンドコース」
  • 副業案件を受注する場合「Webデザインコース」、転職を選ぶ場合「エンジニア転職コース」がおすすめ
  • 実務経験を積んでからフリーランスになるほうがおすすめ

TechAcademyで「フロントエンドコース」や「Webデザインコース」を受講すれば、フリーランスになることは可能です。

しかし、実務経験がない場合、実績がないため単価が低い案件しか受注できない可能性があり、苦労してしまうかもしれません。

そのため、本業に加えて副業したり、エンジニア転職して実務経験を積んだりしたほうが得策といえます。

副業案件を受注しやすい「Webデザインコース」、転職に特化した「エンジニア転職保証コース」を受講するのはおすすめです。

フリーランスになりたいと考えている方は、まずTechAcademyの無料体験を試してみましょう。

TechAcademy公式サイト

TechAcademy
無料カウンセリングに申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA