【起業準備】独立する前に通うべきプログラミングスクールを比較

起業準備ができるプログラミングスクール

「起業したいけれどプログラミングスキルは役に立つの?」

以上のような悩みを抱えている方も少なくないでしょう。

sho
自分が開発を担当しなくても、知識をつけておくことはとっても重要!

近年では、働き方の多様化やIT技術の発展により、プログラミングスキルを活用して起業したいと考えている方は多いです。

当記事では、起業する上でプログラミングスクールに通うべき理由と、起業を将来的に見据えた上でおすすめなプログラミングスクールを厳選して紹介します。

ぜひ起業を考えている方も、無料カウンセリングを活用してプログラミングを習得するメリットを聞いてみましょう。

結論
  • プログラミング技術と経営の関係性は大きいため、起業する前にプログラミングスクールに通うのがおすすめ
  • tech boost → 一人一人のニーズに合った学習の仕方を提案してくれる
  • TechAcademy → 実務経験が豊富な現役ITエンジニアが講師を務める
  • RUNTEQ → スタートアップ企業転職に特化

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

起業する上でプログラミングスクールに通うべき理由

ここでは、起業する前にプログラミングスクールに通うべき理由を詳しく紹介します。

プロダクト開発の進め方がわかる

新規サービスが空中分解しないように

スクールに通うことでプログラミングスキルを身に付けられ、システム開発の工程理解を深めることもできます。

プログラミングスキルがあると社員に仕事を任せやすくなるため、起業前にプログラミングを勉強するほうが良いといえるでしょう。

 

例えは、プログラミングの知識がない状態でエンジニアとプロジェクトを進めていくと下記の課題に直面することもよくあります。

プログラミング知識がないことで生まれる課題
  • IT用語に関する知識が不足しているためコミュニケーションが成り立たない
  • エンジニアから技術の説明をされても理解できない状態となる
  • 作って欲しいプロダクトを説明しても認識齟齬が生じる

一方、プログラミングで成果物を作成した経験があれば、実際にエンジニアに対して的確な指示出しもできるようになるでしょう。

sho
会社のトップがプログラミング知ってるってだけでかなり安心感あるかも

信頼できる経営者になるためにもプログラミングスクールに通って最低限のリテラシーを身に付けることは重要といえます。

したがって、起業する前にプログラミングを学習することで、エンジニア目線でやり取りができ、現場に適した意思決定が可能です。

エンジニアの採用がしやすくなる

エンジニアの採用は割と難しい

プログラミングスクールに通うことで、エンジニアを採用するセンスを磨くことができます。

プログラミング技術の全体イメージが理解できると、「どのような技術が必要か」「どのような人を雇うべきか」が把握できます。

 

例えば、現場からフロントエンドエンジニアが不足しているといわれたとします。

しかし、プログラミング技術を理解していないと本質を把握できないことも多いです。

sho
これ現場からしたら、辛いよね。。

状況に応じて適切な経営資源を確保するのは経営者として重要なことの一つです。

プログラミング技術を理解していない場合、経営資源の重要性や市場価値が正確に知ることができません。

したがって、起業前にプログラミングを学習すれば、必要な人材もイメージができ、エンジニアの採用活動がしやすくなるでしょう。

また、求人情報サイトで有名なWantedlyにも「社長がプログラミングできる」タグがあり、採用効率の向上が期待できます。

ビジネス課題の解決策が閃きやすくなる

今までにない新しい価値のあるひらめきが生まれる

起業前にスクールでプログラミングを学ぶことで、ビジネス課題に対する解決方法がイメージしやすくなります。

例えば、下記が挙げられます。

ビジネス課題に対する解決策
  • 自社の記事における検索順位の確認効率を上げたい → Pythonを利用
  • Webサイトに動きを付けたい → JavaScriptを利用
  • ゲーム開発にもチャレンジしたい → Unityを利用

プログラミング技術を身に付けることで、素人と比較するとビジネスに対する解決策のイメージが現実的でよりよいものとなります。

したがって、起業前にスクールに通いプログラミングを学ぶと、起業後のビジネス課題に対する解決策が閃きやすくなるでしょう。

起業準備に向いているプログラミングスクールの比較表

起業を見据えたプログラミングスクールを比較表でまとめました。

スクール名転職
支援
入会金受講
料金
受講
期間
オン
ライン
教室
場所
無料
体験
techboostのアイコン
公式ページを見る
✔︎ 12.7
万円~
3.3
万円~
(月額)
12
週間~
✔︎ 東京 ✔︎
詳細
TECHACADEMYのアイコン
公式ページを見る
✔︎
転職
保証
- 17.5
万円~
4
週間~
✔︎ - ✔︎
詳細
RUNTEQのアイコン
公式ページを見る
✔︎ - 32.8
万円~
12
週間~
✔︎ - ✔︎
詳細
プログラミングスクールを比較

【注目】優良プログラミングスクールを徹底比較【2021年最新版】

9月 7, 2021

起業を見据えたプログラミングスクール一覧

起業する上でプログラミングスクールに通っておいたほうが良い理由については理解できたでしょうか。

ここでは、起業を将来的に見据えた上で通うべきおすすめなプログラミングスクールを紹介します。

tech boost

techboostのトップページ
特徴
  • 未経験からエンジニアを目指せるカリキュラムを準備
  • ブロックチェーン・AI・IoTなどの最先端IT技術を勉強できるコースあり
  • 自分に合わせて受講期間・学習スタイルを選べる

tech boostは、未経験から本気でプログラミングを学ぶことに特化しているスクールです。

講師は現役エンジニア100%としており、今後も現役エンジニア以外の方を採用する予定はないとされています。

tech boostでは、自分に適した学習方法を提案してもらうことができ、受講期間や学習スタイルは下記から選択できます。

学習スタイルと受講期間の選択肢
  • 学習スタイル:通学またはオンライン
  • 受講期間:3カ月・6カ月・9カ月から選択可能

したがって、一人一人のニーズに合った学習の仕方を提供してくれるため、モチベーションを保ちやすいともいえるでしょう。

自分に合った学習方法を把握するためにも、ぜひ無料カウンセリングを活用してみることがおすすめです。

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

TechAcademy

TechAcademyのトップページ
特徴
  • 洗練された現役ITエンジニアの講師からプログラミングを学習できる
  • 他のプログラミングスクールと比較して安価で受講可能
  • 豊富なコースが用意されており、自分のニーズに適したコースを選べる

TechAcademyでは、実務経験が豊富な現役ITエンジニアを講師として雇っているのが他のスクールにない特徴です。

通過率10%の選考を突破した方のみ講師になれるため、プログラミングスキルの上達が期待できます。

オンラインスクール受講者数No.1の実績(※1)を誇り、マンツーマンの受講形式のため自分のペースで学習することができます。

注意点としては、受講形態はオンラインのみであることが挙げられます。

転職サポートは下記などがあり充実しています。

TechAcademyの転職サポート
  • パーソナルメンター制度
  • 自己分析
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 無料カウンセリング
  • テックアカデミーキャリア→テックアカデミー受講生限定の転職サービス

TechAcademyにおける自分に合うコースを探すためにもぜひ無料カウンセリングを活用してみることがおすすめです。

※1 マクロミル社が2020年8月8日から8月17日までに実施した調査結果

TechAcademy公式サイト

TechAcademy
無料カウンセリングに申し込む

RUNTEQ

RUNTEQのトップページ
特徴
  • スタートアップ企業転職に特化していて実務レベルのスキルを素早く習得できる
  • カリキュラムは現場の業務を想定して作成
  • 比較的スクールの規模が小さいためハイレベルの講師から学べる可能性あり

RUNTEQは、自社開発企業が求める実務レベルのスキルを身に付けることができるプログラミングスクールです。

Webサービス開発に豊富な実績がある「スタートアップテクノロジー社」がスクールを運営しています。

カリキュラムは課題解決型であるため、自己解決能力を磨くことが可能です。

オンライン環境でも教室が常に開設されているため、自分のタイミングに合わせて勉強することができます。

サポート体制は企画の初期段階からおこなってくれるため、手厚い転職に関するサポートをしてもらうことが可能です。

RUNTEQの転職サポート
  • 自己分析
  • ポートフォリオ作成
  • 会社探しサポート
  • 定型企業の紹介
  • 模擬面接
  • 書類添削

学べるスキルや転職先についてなどを無料カウンセリングを活用して聞いてみることもおすすめです。

RUNTEQ公式サイト

RUNTEQ
無料カウンセリングに申し込む

実際プログラマー出身の経営者はこんなにも

プログラマー出身の経営者には下記の方々が例として挙げられます。

プログラマー出身の経営者
  • 堀江貴文(通称:ホリエモン)
  • 西村博之(2チャンネルを解説)
  • ビル・ゲイツ(マイクロソフト社を設立)
  • 川上量生(ニコニコ動画を運営している会社の経営者)
  • 和田晃一良(仮想通貨取引所Coincheckの開発者)

プログラマー出身の経営者は上記に挙げた方々だけではなく、たくさんの方がいます。

プログラミング技術を習得した経営者は下記のようなことができるようになります。

プログラマー出身の経営者が出来ること
  • 開発現場の目線に立ち、社員に対して的確に仕事を任せる
  • 必要な人材を判断して、効率の良い採用活動
  • エンジニアにおける労働環境の適切な改善
  • プログラミング技術を自社のプロダクトやサービスに活かす

したがって、プログラミングを学んで経営者になった方は多く、プログラミング技術は経営との関係性も大きいといえるでしょう。

【Q&A】起業したい人向けのプログラミングスクールについて

ここでは、起業したい方向けのプログラミングスクールに関するよくある質問に対する回答を紹介します。

起業アイデアの相談もできる? → 卒業制作で作ろう!

起業のアイデアについてスクールで相談できるか気になる方も少なくないでしょう。

プログラミングスクール卒業前の多くは卒業制作といって、自分の力でサービスなどの成果物を作ることが多いです。

したがって、スクールを利用して起業仲間を集めてもよいですし、スクールの卒業制作でサービスを作成するのもおすすめです。

たとえ卒業制作が失敗したとしても、それまでの過程や経験はスタートアップ起業などでは高く評価される傾向にあります。

卒業制作でどのようなサービスを作ることができるか無料カウンセリングを利用して聞いてみることもおすすめです。

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

スタートアップに転職できる? → 可能です!

プログラミングスクール卒業後にスタートアップ企業に転職することは比較的ハードルは高いですが可能です。

スタートアップ起業は即戦力となるエンジニアを求めているため、自走力をもっている方を採用したいと考えています、

ビジネスの初歩を学び独立したい方は、スタートアップ企業で修行してみることもおすすめです。

例えば、RUNTEQなどのスクールでは、スタートアップ企業への転職実績もあるためおすすめです。

RUNTEQ公式サイト

RUNTEQ
無料カウンセリングに申し込む

【まとめ】プログラミングを学んで起業準備をしよう!

まとめ
  • スクールに通うことでプロダクト開発の進め方がわかる
  • プログラミング技術を身に付けることでエンジニアの採用効率の向上が期待できる
  • プログラマー出身の経営者は多数いる

起業する前にプログラミングを学ぶメリットは多数あります。

実際にプログラマー出身の経営者は多く、プログラミング技術と経営における関係性は大きいともいえるでしょう。

例えば、プログラミング知識を身に付けることで、自己解決能力の向上やプログラミング技術を自社製品に活かすことも可能です。

したがって、プログラミングスキルを習得して起業する準備をしましょう。

起業前提に自分に合ったプログラミングスクールを選ぶためにも、無料カウンセリングを実施することがおすすめです。

tech boost公式サイト

tech boost
無料カウンセリングに申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA