CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の就職先・転職先を調査【実態】

codecampgate 転職先

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の就職先や転職先が知りたい!」

「転職先を選ぶときの基準は?CodeCampGATEを使って実際に転職できた人の声も聞きたい!」

本記事ではそんな悩みを解消するため『CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の転職先』を徹底解説します。

sho
スクールを使った転職を考えていたら、転職先の情報は要チェック!

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は転職サポートに特化しているため、転職実績も豊富になっています。

結論
  • CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の転職先は、「自社開発:受託開発:SES=2:1:1」
  • 現役エンジニアの講師や専属キャリアアドバイザーなど手厚いサポートが特徴
  • 転職先を選ぶときは「研修制度を設けている技術力の高い自社開発企業」がおすすめ
  • まずは興味をもったら無料カウンセリングに参加してみよう!
CodeCampGATEのトップページ

CodeCampGATE公式サイト

CodeCampGATE
無料カウンセリングに申し込む

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)を受講して転職を成功させた方の経験談

ここでは、CodeCampGATE(コードキャンプゲート)を受講して転職を成功させた方の経験談をいくつか紹介します。

教育現場からCodeCampGATEを受講してIT人材としてキャリアアップ

エンジニア転職のきっかけは教職現場|ITで解決するため未経験からの挑戦
年齢
学習期間4カ月
前職教育現場
受講後ITエンジニア

坂本さんは、教育現場からIT業界に転職して、キャリアアップのためにCodeCampGATEを受講したそうです。

CodeCampGATEを受講したきっかけや、転職先を選ぶにあたってのサポートは下記を参考にしてみてください。

――CodeCampGATEでの学習を始めたきっかけを教えてください。

きっかけは自分で作品やサービスを1から作りたいと思ったことです。現職ではすでに作られたもののサポートをする業務なので、転職するためにスキルを磨こうと決意しました。

――数あるプログラミングスクールのなかでCodeCampGATEに決めた理由は何ですか?

実践開発ができることに魅力を感じたのが決め手です。「現役のエンジニア講師とマンツーマンで学べる」というところにも惹かれましたね。

複数のプログラミングスクールの情報収集をしましたが、CodeCampGATEが1番実践に近いことが学べそうだと感じました。

――坂本さんの転職活動の話を聞かせてください。CodeCampGATEが役に立ったことはありますか?

職務経歴書の添削です。自分では整理できなかったところを指摘してもらえたので、役に立ちました。転職は1回経験していますが、前回自分だけで書いた職務経歴書よりもブラッシュアップされましたね。

――お役に立てて嬉しいです。転職活動はどのように進めましたか?

求人サイトに自分で応募と、CodeCampGATEのエージェントに企業を紹介してもらいました。CodeCampGATEのエージェントはたくさんの企業を紹介してくれましたし、対応も丁寧でよかったです。

最終的に2社から内定をもらったのですが、引っかかっているポイントも含めてサポートいただけたので助かりました。

――具体的にはどのようなサポートがありましたか?

もっと知りたい部分を私に代わって企業へ質問をしてくれたり、詳しく話を聞くための面談を設けたりしてくれました。CodeCampGATEのエージェントのサポートのおかげで、納得して転職先を決められましたね。

引用: エンジニア転職のきっかけは教職現場|ITで解決するため未経験からの挑戦

坂本さんの経験談から、CodeCampGATEでは、転職するためのITスキルをきちんと身に付けられることがわかります。

また、既にIT職の方でも、キャリアアップや自分にあった就職先・転職先を探すために受講するのもおすすめといえそうです。

未経験から働きながらプログラミングを勉強して副業収入をゲット

要実務経験の壁を突破!実践型チーム開発とキャリアサポートで“採用したい”エンジニアに。
年齢
学習期間4カ月
現職建築資材メーカー(営業職)
受講後ITエンジニア

伊藤さんは、「実務経験2年以上」という採用条件をクリアして、ITエンジニアに転職された方です。

プログラミングやITエンジニアに興味をもったきっかけは、コロナ禍でIT技術に触れて、ITエンジニアが必要とされることを知ったことだそうです。

ーー面接以降は全7社で内定、すごいです!転職活動に向けて事前に準備をしましたか?

CodeCampGATEでの学習カリキュラムを終えてから2ヶ月ほどかけて、オリジナルポートフォリオを制作しました。未経験でエンジニアとして転職するにあたり、1つの差別化ポイントにしたいと考えていました。

自分自身がその時直面していた課題をもとに、それを解決するためのWebサービスを作ってポートフォリオにしたいと思っていたので、時間をかけてじっくり取り組みました。自分で要件定義をして、UIの部分も作って、学んだ知識やスキルを取り入れながら完成させていきました。

ーー未経験エンジニアとして差別化を意識して準備をされたんですね。転職活動をする中で未経験の厳しさを感じることはありましたか?

未経験ということに対して、いろんな意見や評価を目にしました。ただ、条件に「要実務経験◯年」と書かれていても、本当に採用される確率が0%なのかは受けてみないとわからないですよね。まず自分という人間について知った上で、判断してもらいたいというちょっと強気な姿勢、1%でも可能性があるなら強気で受けにいく意識で活動していました。

また未経験でも、CodeCampGATEで学んだことをエピソードとして話すことができました。未経験エンジニアのイメージには固定概念があるかもしれませんが、自分自身は差別化を意識して、いろんなことを考えプロセスを経てやってきたと話したら、むしろそれはプラスにつながったので、受講した意味があったと感じました。

引用: 要実務経験の壁を突破!実践型チーム開発とキャリアサポートで“採用したい”エンジニアに。

伊藤さんの経験談から、CodeCampGATEは、転職サポートが充実しており、未経験からでも実務経験が必要とされるような企業にも転職できることがわかります。

CodeCampGATE公式サイト

CodeCampGATE
無料カウンセリングに申し込む

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)受講生の転職先・就職先一覧

CodeCampGATE受講生の転職先は、原則として非公開となっています。

非公開

しかし、許可をいただいた企業は、下記のとおりです。

引用:CodeCampGATEへのよくある質問|CodeCamp

転職先企業の割合

転職可能

過去の傾向から、受講生の転職先は下記の3パターンに分かれると予想されます。

CodeCampGATEの転職先傾向
  • 自社開発企業:自社で商品・サービスを開発する企業
  • 受託開発企業:お客さんに頼まれた商品・サービスを開発する企業
  • SES企業:客先と呼ばれる他の会社に社員を派遣して開発を行う企業

そして、最新のプレスリリース(※2021年上半期)によると、CodeCampGATEの転職先は、以下の割合となっています。

自社開発50%
受託開発25%
SES25%

※参考: オンライン・プログラミングスクールのCodeCamp エンジニア転向コースの【2021年上期】の転職実績を公開

どれも良し悪しがあり「自由な働き方」「成長スピード」「年収の高さ」などの部分で、それぞれ傾向があります。

多くの人々は「自社開発>SES>受託開発」の順番でオススメしているようです。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の転職先割合を見る限り、自社開発やSES企業に転職できる割合は十分高いので、世間的な評価の高い企業にも転職できると言えます。

転職後の想定年収

想定年収

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)を利用して転職した後の想定年収は、公式サイトの情報によると、約280万円〜430万円だそうです。

ただし、あくまで想定年収は平均的な数値であるため、受講生の状況によって異なります。

近年では、急激なIT技術の発展や、IT業界の深刻な人材不足から、エンジニアの需要は増加傾向にあります。

そのため、CodeCampGATE(コードキャンプゲート)でスキルを身に付け、転職後もスキルアップを怠らなければ、高年収が期待できるでしょう。

補足: ITエンジニアの平均年収は年々上がっている

エンジニアは欠かせない存在

プログラミングスクールを卒業した後、ソフトウェアエンジニアへ転職しようしている人に朗報です。

ソフトウェアエンジニアの平均年収は、年々上がっています。

実際の平均年収推移を調べてみると、下記のようなデータが見つかりました。

2019年485万円
2018年452万円
2017年436万円
2016年462万円
2015年471万円

引用:ソフトウェア・サービスの平均年収推移(2015年〜2019年)|年収ランキング

IT業界が衰退していく可能性は低いので、今後も平均年収が上昇傾向だと考えれます。

たとえ転職するときに現職の年収と同額だとしても、将来性を見込めば転職する価値は高いでしょう。

結論: 無料体験に行けば最新情報を教えてもらえる可能性がある

無料体験で最新情報をゲット

ここまでCodeCampGATE(コードキャンプゲート)の転職先情報を紹介しましたが、現時点での最新情報までは運営のみぞ知るのでわかります。

結論として、最新の転職実績を知りたい人は、無料体験に行って聞いてみましょう。

転職はトレンドの移り変わりが早いので、他の受講生が知らないような転職情報も入手できるかもしれません。

CodeCampGATE公式サイト

CodeCampGATE
無料カウンセリングに申し込む

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)がなぜ転職に向いているか

CodeCampGATEのトップページ

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、転職に向いているプログラミングスクールだと言われます。

その理由は、下記のとおりです。

CodeCampGATEが転職に向いている理由
  • 完全オンラインで実施
  • 働きながら受講可能
  • キャリアカウンセリングの手厚い転職サポート

各理由について、それぞれの詳しく解説していきます。

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の評判を全調査!【実態】

5月 10, 2022

完全オンラインで完結

完全オンラインなので気軽に受講できる

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)は、完全オンラインで完結する受講形態です。

そのため店舗型のオフラインスクールに通学する必要がありません。

オンライン型は、通学型に比べて以下のようなメリットがあります。

オンライン型スクールのメリット
  • 地方でも転職を狙える
  • 移動時間・準備時間をとられない
  • スキマ時間を活用して学習できる

上記の理由から分かるとおり、オンライン型は「プログラミング学習のハードルを下げてくれる」のが特徴です。

中長期的な学習を計画するならば、毎日の学習のハードルを少しでも下げることが、挫折しないためのコツです。

働きながら受講可能

レッスン予約は幅広い時間帯から選べる

CodeCampGATEは、働きながらでも受講可能です。

朝7:00~夜24:00までレッスンの予約ができるので、仕事が終わってからでも学習する時間が取れます。

実際にCodeCampGATE(コードキャンプゲート)の『よくあるご質問』には、下記のような記載がありました。

よくあるご質問

仕事を続けながら参加する事は可能ですか?

平日含めお仕事以外の時間を学習時間として確保していただければご参加いただけます。 受講生の9割以上が仕事を続けながら学習をしております。

引用:よくあるご質問|CodeCampGATE

本業を続けながら学習できることで、転職のリスクを軽減できます。

プログラミングが合わなかったり、転職先が見つからなかったりしても、本業がある限り、路頭に迷うことはありません。

転職活動に失敗したくな人は、CodeCampGATE(コードキャンプゲート)を始めとした「仕事を続けながら受講できるスクール」がおすすめです。

キャリアカウンセリングの手厚い転職サポート

codecampのキャリア支援

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)では、キャリアカウンセリングの手厚い転職サポートを実施しています。

専属のキャリアアドバイザーがつくので、通常のCodeCampや他社スクールよりも、個人にマッチしたサポートが可能です。

その他にもCodeCampGATE(コードキャンプゲート)では、通常のCodeCamp(コードキャンプ)にはない特別サポートを受けられます。

CodeCampGATE特有のサポート
  • 現役エンジニアの専属メンター
  • チーム開発
  • チャットサポート
  • 同期のオンラインコミュニティ参加
  • 技術推薦状

プログラミング学習の目的を「転職」に絞るなら、やはりCodeCamp「GATE」の方がおすすめです。

ただし、CodeCampGATEは「転職保証」が付いていないので、転職できなかった場合でも受講料の返金はありません。

転職保証がついているスクールがいいという人は、他のスクールの無料カウンセリング受けましょう。

CodeCampGATE公式サイト

CodeCampGATE
無料カウンセリングに申し込む

失敗しない未経験ITエンジニアの転職先の選び方

最後に、未経験エンジニアの失敗しない転職先の選び方を紹介します。

転職先を選ぶときは、下記の3点を基準にしましょう。

転職先の選び方
  • 自社プロダクトを持っているか
  • 技術力が高いか
  • 研修制度があるか

それぞれの基準について、詳しく解説していきます。

SESではなく自社開発か

自社プロダクト企業ならスキルアップが可能

転職先を選ぶときは、自社でプロダクトを持っている企業がおすすめです。

自社開発企業は、受託開発企業やSES企業と比べて、下記のメリットがあります。

自社開発企業のメリット
  • 新しい技術や開発手法に挑戦しやすく、スキルアップの機会が多い
  • 会社が報酬をアップしやすいので、優秀なエンジニアが集まっている
  • 開発スケジュールを決定できるので、納期に追われた残業がほぼない

上記のとおり、自社開発企業の強みはたくさんあります。

ただし、自社で売上がなければ存続できないので、受託開発よりもシビアに数字や成果を求められる点もあるでしょう。

「できるだけ」自社開発企業を選ぼうということであって、SESや受託企業が絶対ダメというわけではありません。

技術力が高いか

転職先の技術力は要チェック

転職先を選ぶときは、技術的に成長できそうかどうかも指標にしましょう。

その理由はいくつもあり、具体的には下記のとおりです。

技術力が高い企業を選ぶ理由
  • 技術的成長がなければ、収入も市場価値も停滞する
  • 技術力の低い会社は、伸びしろが少なく、存続が危うい
  • 新しい技術や開発手法に挑戦できる環境の方が、モチベーションが続く

どのようなキャリア設計を描くかは個人の自由ですが、技術力が高いに越したことはありません。

キャリアアドバイザーからのアドバイスやコーポレートサイト、口コミサイト、SNSなどを通して企業分析に努めましょう。

研修制度があるか

人材を大事にしている企業を選ぼう

研修制度があるかどうかは、転職先を選ぶときの重要な指標です。

オンボーディング(教育・育成プログラム)をしっかりやってくれるかどうかは、企業の人材に対する扱いを知る最初の機会です。

組織としての余力があり、かつ早期の即戦力を促して離職率を下げようとしていれば、その企業はいわゆる「ホワイト企業」でしょう。

【まとめ】転職を検討しているなら、まずはCodeCampGATE(コードキャンプゲート)の無料カウンセリングで相談しよう!

CodeCampGATEのトップページ

本記事では「CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の転職先」を徹底解説しました。

本記事のポイント
  • CodeCampGATE(コードキャンプゲート)の転職先は、「自社開発:受託開発:SES=2:1:2
  • 現役エンジニアの講師や国家資格を取得したキャリアアドバイザーの強力なサポートが特徴
  • 転職先を選ぶときは「研修制度を設けている技術力の高い自社開発企業」がおすすめ

未経験からエンジニア・プログラマーへの転職を目指しているなら、CodeCampGATE(コードキャンプゲート)がうってつけです。

受講しようか悩んでいるのなら、まずは無料体験を受けてみてから決めれば、失敗しないスクール選択ができるでしょう。

CodeCampGATE公式サイト

CodeCampGATE
無料カウンセリングに申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA