【未経験から】CodeCamp(コードキャンプ)を受講してフリーランスになれる?

CODECAMP_フリーランス

「フリーランスに向いている分野について詳しく知りたい!」

「CodeCampでフリーランスを目指せるコースってどれだろう?」

以上のような興味や疑問を抱えている方は少なくないでしょう。

sho
CodeCampには転職・副業・フリーランスを目指せる色々なコースがあるよ!

当記事では、フリーランスを目指すにあたってCodeCampのどのコースを選択すべきかを詳しく紹介します。

また、CodeCampを受講してからフリーランスで活躍するまでの方法についても解説します。

結論
  • フリーランスになるか迷っている暇があれば、CodeCampの無料体験を利用しよう
  • フリーランスになるのにおすすめの分野は「Web制作」と「Web開発」
  • CodeCampでフリーランスを目指すのに向いているコースは「デザインマスターコース」
  • CodeCamp受講後、副業もしくはエンジニア転職を行い、実績を積んでからフリーランスになるのがおすすめ

疑問点や不安な点がある方は、CodeCampでは無料体験があるため、ぜひ活用してみましょう。

CodeCamp公式サイト

CodeCamp
無料カウンセリングに申し込む

フリーランス独立に向いている開発分野

フリーランス独立に向いている分野

フリーランスとして独立する上で「Web制作」「Web開発」がおすすめの分野です。

特に、エンジニアとしての実務経験が浅い方やプログラミング経験がない方の場合、「Web制作」が向いているといえます。

理由は下記の通りです。

Web制作がフリーランスになる上でおすすめの理由
  • リモートワークしやすい
  • 要求されるスキルがそこまで難しくない
  • 初心者でも案件が獲得しやすい

Web制作の分野はサーバーやネットワークなどの機器をいじる仕事がほとんどないため、オフィスに出向かなくても仕事ができます。

また、Web制作に必要なプログラミング言語は「HTML」「CSS」と、他の言語と比較すると習得するのがそこまで難しくありません。

そのため、プログラミング初心者でも案件を獲得しやすいことから、Web制作の分野でスキルを磨きフリーランスとして活躍するのはおすすめといえます。

補足: エンジニアの単価は年々上がっている

エンジニアの単価

IT人材の深刻な不足やIT技術の急激な発展から、エンジニア案件の単価は上昇傾向にあります。

しかし、注意したい点として、エンジニアはスキルによって収入は大幅に変動することが挙げられます。

そのため、プログラミングスクールに通い、スキルを身に付けるだけではなく、卒業後も継続してスキルを磨いていくことが重要です。

CodeCamp公式サイト

CodeCamp
無料カウンセリングに申し込む

フリーランスを目指せるCodeCamp(コードキャンプ)のコース

フリーランスとして独立するのに向いている開発分野については理解できたでしょうか。

ここでは、CodeCampでフリーランスを目指すことができるコースを詳しく紹介します。

デザインマスターコース

デザインマスターコース

フリーランスを目指すにあたって、おすすめのコースの1つ目として「デザインマスターコース」が挙げられます。

デザインマスターコースでは、Webデザインに必要なスキルを網羅的に習得することが可能です。

例えば、IllustratorやPhotoshopなどのWebデザイン作成ツールの使い方を、基礎から学ぶことができます。

Webデザインツール
  • Illustrator → ロゴ・アイコン・レイアウトなどを作成するときに必要なソフト
  • Photoshop → 写真の加工・グラフィックデザインを作成するときに必要なソフト

デザインマスターコースを受講すれば、下記のようなデザインができるスキルを身に付けることができます。

デザインマスターコース受講後
  • レスポンシブデザインに対応させたデザイン
  • 観光情報サイト
  • レストランのホームページ
  • 写真加工
  • バナー作成
  • ロゴ制作

近年ではスマホやタブレットなどさまざまなデバイスを使用してWebサイトを閲覧するため、レスポンシブデザインのスキルを身に付けられるのは良い点といえます。

CodeCamp公式サイト

CodeCamp
無料カウンセリングに申し込む

Webマスターコース

Webマスターコース

フリーランスを目指すにあたって、おすすめのコースの2つ目として「Webマスターコース」が挙げられます。

Webマスターコースでは、Webサイトやシステム開発に必要な知識を基礎から学ぶことが可能です。

Webマスターコースを受講すれば、下記のようなWebサイトやシステム機能などを開発することができるようになります。

Webマスターコース受講後
  • レシピサイト
  • オンラインショッピングサイト
  • フリマサイト
  • 掲示板機能
  • ログイン機能
  • パスワード認証機能
  • 検索機能

Webマスターコースであれば、ITに関するスキルをきちんと身に付けることができるため、フリーランスではなくても、エンジニアに転職して活躍することが可能です。

CodeCamp公式サイト

CodeCamp
無料カウンセリングに申し込む

WordPressコース

WordPressコース

フリーランスを目指すにあたって、おすすめのコースの3つ目として「Wordpressコース」が挙げられます。

WordPressとは、2003年に開発が始まりオープンソースの、CMSと呼ばれるコンテンツ管理システムのことです。

近年ではWeb制作の深いスキルがなくても、WordPressなどのCMSに関するスキルを習得すれば、Webサイトを構築できるようになります。

世界中のWebサイトの42%(※2021年8月現在)はWordPressで作られており、圧倒的なシェアを誇っているのが特徴です。(※1)

WordPressコースがおすすめとされるの下記のような方です。

デザインマスターコース受講後
  • ブログやホームページを作成したい方
  • WordPressの知識を学び、カスタマイズできるスキルを習得したい方
  • 自社のWebサイトを運用・管理している方

WordPressでブログ記事を作成したり、WordPressの構築環境をカスタマイズしたりする案件が多くあるため、フリーランスになるにあたっておすすめのコースといえます。

※1 参考:世界で最も人気のサイト構築サービスへようこそ。|WordPress.com(https://wordpress.com/ja/)

CodeCamp公式サイト

CodeCamp
無料カウンセリングに申し込む

結論: どのコースがおすすめ?

CodeCampのトップページ

3つのコースを紹介しましたが、結局どのコースがおすすめか気になる方は少なくないでしょう。

フリーランスになるにあたって、最もおすすめなのは「デザインマスターコース」です。

最初にも説明しましたが、リモートワークでも働きやすく、初心者でもスキルを習得しやすいことが理由として挙げられます。

しかし、自分のやりたいことと合致しているかが最も重要です。

例えば、下記のようなことがしたい場合には他のコースを選択したほうが良いかもしれません。

CodeCampのコース選びの簡単な基準
  • Web制作 → デザインマスターコース
  • データサイエンス → Pythonデータサイエンスコース
  • システム開発 → Webマスターコース・Javaマスターコース
  • スマホアプリ開発 → アプリマスターコース
  • プログラミング教養 → テクノロジーリテラシー速習コース

以上からも、どのコースが自分に合うか把握するためにも、CodeCampの無料体験を利用してカウンセリングを受けてみましょう。

CodeCamp公式サイト

CodeCamp
無料カウンセリングに申し込む

CodeCamp(コードキャンプ)を卒業してフリーランスとして堅実に稼ぐ方法

CodeCampでフリーランスを目指す際に、おすすめのコースについては理解できたでしょうか。

ここでは、CodeCampを受講してから、フリーランスとして活躍するまでの方法について詳しく紹介します。

1. CodeCampのコースを受講する

実務に役立つスキルを身に付けよう

まずは、これまでに紹介したコースの中から自分に合うコースを選択するためにも、CodeCampの無料体験を利用しましょう。

無料体験に参加すれば、1万円のキャッシュバックも得られるため、受講する前に必ず利用することを推奨します。

また、CodeCampを卒業した後の姿をイメージしながら、学習すると効率よくスキルを身に付けることが可能です。

したがって、自分の目的を明確にするためにも、CodeCampを受講する前に、無料体験は利用しておきましょう。

CodeCamp公式サイト

CodeCamp
無料カウンセリングに申し込む

2. 副業としてクラウドソーシングサイトで案件を受注

クラウドソーシングで副業案件を獲得

CodeCampを受講後、本業を辞めていきなりフリーランスになるのは、あまりおすすめできません。

理由はCodeCampを卒業しても実績がないと、案件を受注するのが難しいためです。

そのため、いきなりフリーランスになるのはリスクが高いため、まずは副業で実績を積むのがおすすめといえます。

その際に、下記に示すようなクラウドソーシングサイトを利用すると、比較的簡単に副業案件を受注できます。

クラウドソーシングサイトの一例
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • Bizseek
  • サグーワークス
  • ママワークス
  • ココナラ
  • スキルクラウド

上記以外にも数多くのクラウドソーシングサイトがあるため、複数のサイトを比較するのも大切です。

特に「クラウドワークス」「ランサーズ」は、他のクラウドソーシングサイトと比べて案件の数が多いのでおすすめといえます。

CODECAMP_副業

【稼げる?】CodeCamp(コードキャンプ)を受講したら副業できる?ぴったりなコースを紹介

8月 20, 2021

3. 成果と信頼を得て、フリーランスとして独立

フリーランスとして独立

副業案件の受注を繰り返して、ある程度の実績と信頼を積むことができたら、フリーランスとして独立しましょう。

フリーランスになったら、高単価の案件や継続案件を受注できると、収入アップや安定収入の獲得につながります。

また、IT業界はトレンドの移り変わりが激しいため、フリーランスになっても常に新しい知識のキャッチアップは欠かさないようにしましょう。

補足: CodeCampGateを使って転職するのも手

CodeCampGate

CodeCampGateを受講して、エンジニアに転職し、実務経験を積んでからフリーランスになるのもおすすめの方法の1つです。

CodeCampGateは、エンジニア転職に特化しており、未経験から4カ月でエンジニアになることができます。

CodeCampGateの特徴は下記の通りです。

CodeCampGateの特徴
  • マンツーマン指導
  • チーム開発演習
  • プロによるキャリアサポート
  • オンラインコミュニティあり

講師は現役エンジニア、転職のサポートは国家資格キャリアコンサルタントと万全の体制が用意されています。

年齢制限や働きながらでも受講できるか不安な方は、ぜひCodeCampGateの無料カウンセリングを活用してみましょう。

【分析】CodeCampGateの評判・口コミを現役エンジニアが調査!

8月 20, 2021

【まとめ】フリーランスになるか迷っている暇があれば、まずは無料相談から!

まとめ
  • フリーランスになるのにおすすめの分野は「Web制作」と「Web開発」
  • CodeCampでフリーランスを目指すのに向いているコースは「デザインマスターコース」
  • CodeCamp受講後、副業もしくはエンジニア転職を行い、実績を積んでからフリーランスになるのがおすすめ

Web制作の分野であれば、リモートワークで働けることや、未経験でもスキルを身に付けやすいことからフリーランスを目指すのに向いているといえます。

CodeCampでフリーランスを目指せるコースは下記の通りです。

CodeCampでフリーランスを目指せるコース
  • デザインマスターコース
  • Webマスターコース
  • WordPressコース

最もおすすめなのは「デザインマスターコース」ですが、自分に合っているかどうか確認するためにも、まずは無料体験を活用しましょう。

CodeCamp公式サイト

CodeCamp
無料カウンセリングに申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA