Aidemy(アイデミー)の転職・就職支援の実績は?体験談を紹介!

aidemy-career

Aidemy(アイデミー)を使って転職ってできるのかな?」

「実績を公開してないし…スクールを選びに失敗したくないから、悩むなあ…」

本記事ではそんな悩みを解消するため『Aidemy受講生の転職事情』を徹底解説します。

sho
Aidemyは今後も話題になるPythonの学習に特化しているスクールだよ!

プログラミング学習に手厚いサポートが欲しい人や転職を考えている人はAidemyを検討してみると良いかもしれません。

結論
  • Aidemyを受講して転職を目指すなら、プレミアムプランがおすすめ
  • 教材選択による効率的な学習や特待生制度など、Aidemyでは手厚い転職サポートが受けられる
  • AIエンジニアになれば高年収を目指せる上に、年収1000万円も夢ではない
  • 未経験からAIエンジニアを目指したいと考えている方は、無料カウンセリングに参加してみよう
Aidemyプレミアムプランのトップページ

Aidemy公式サイト

Aidemy
無料カウンセリングに申し込む

Aidemy(アイデミー)を受講して転職に成功された方の経験談

ここでは、Aidemy(アイデミー)を受講して転職に成功された方の経験談をいくつか紹介します。

文系の未経験からリモートワーク可能な求人への転職に成功

文系未経験からリモートワーク可のエンジニア転職に成功しました!
年齢
受講コースAidemy Premium
前職大手人材会社(7年間)
転職先企業不動産テック企業

「yupimo」さんは、プログラミング学習経験のない文系出身者であり、エンジニア転職に成功された方です。

画像認識を勉強したいという希望から、AIのカリキュラムに特化しているAidemyを受講することに決めたそうです。

仕事と学習の両立には6ヶ月がちょうどよかったと思います。

1ヶ月目はPython入門とライブラリについて学びました。文系の私は理解に時間がかかったこともあり、数学の基礎も学習しました。

2ヶ月目は人工知能と機械学習についての説明や、教師あり・なし学習、分類・回帰などの機械学習の各手法について学習しました。機械学習の内容にワクワクした一方で、ITの基礎も追加で学習した方が良さそうだと思い、ITパスポートの学習も始めました。

3ヶ月目はディープラーニングの基礎から発展まで、4ヶ月目はポートフォリオ作成で必要なHTML、CSSの基礎を学びました。

5ヶ月目はポートフォリオを作成し、完成後はブロックチェーン基礎などAIアプリ開発講座にはない単元を「選び放題システム」を利用して受講しました。

引用: 文系未経験からリモートワーク可のエンジニア転職に成功しました!

「yupimo」さんの経験談から、Aidemyでは、数学やプログラミングの基礎から、AIやブロックチェーン技術など先端技術まで、自分のペースで勉強できることがわかります。

事務職でのキャリアを活かしてITサポート職に転職成功

経験を活かしたキャリアチェンジ!30代からのIT業界への挑戦
年齢30代
受講コースAidemy Premium
前職事務職
転職先企業ITサポート職

M.Tさんは、30代からこれまでの事務職としての経験を活かして、ITサポート職に転職を成功された方です。

前職でDX推進プロジェクトに参加し、IT人材が重宝されることを肌で感じ、Pythonを学んでみたいと思い、Aidemyを受講することに決めたそうです。

いきなりエンジニアやデータサイエンティストを目指すのではなく、「まずはIT業界で働いた経験をつくることが大切だ」というアドバイスが役に立ちました。

私の場合はテクニカルサポートやIT事務など、今までの事務職の経験も活かせそうな職種に転職し、将来的にエンジニアなどを目指すというキャリアプランが合っていると感じました。

実際に求人を見ると、何かしらのエンジニア経験があれば必須要件を満たすことができる求人が多いことがわかりました。30代からエンジニアを目指すにあたり、次の転職に繋がる、先を見据えたアドバイスを頂き、非常に参考になりました。

また選考や入社後のイメージを深められるよう、チューターが経験した選考のエピソードや、実際に働いていて感じていることも質問をすると快く答えてくれました。

生の声を聞けて本当に参考になりました。

引用: 経験を活かしたキャリアチェンジ!30代からのIT業界への挑戦

M.Tさんの経験談から、Aidemyでは、転職サポートが充実しており、自分にあったキャリアプランを親身に相談してもらえることがわかります。

バックエンドエンジニアからデータアナリストに転職成功

バックエンドエンジニアからデータアナリスト・データエンジニアへの転職成功!
年齢
受講コースAidemy Premium
前職バックエンドエンジニア(正社員・フリーランス)
転職先企業株式会社メンバーズ メンバーズデータアドベンチャーカンパニー

徳梅辰郎さんは、JavaやPython、PHPといった言語を扱うバックエンドエンジニアから、データ分析を学び、データサイエンティストに転職を成功された方です。

自身の専門分野となるスキルを身に付けたいという希望から、AIに特化しているAidemyを受講することに決めたそうです。

データサイエンティストとAIエンジニアを中心に選考に進み、最終的には4社から内定をいただきました。どの会社も魅力的だったのですが、株式会社メンバーズ メンバーズデータアドベンチャーカンパニーにデータアナリスト・データエンジニアとして入社することに決めました。同社のビジネスモデル会社としての方針・考え方が、私自身の成長のイメージと一致していて、一番カルチャーが合っていると感じました。WEB系のデータ分析やAIを取り扱っているので私の経験との親和性が高く、早期から活躍できるイメージを持つことができました。

引用: バックエンドエンジニアからデータアナリスト・データエンジニアへの転職成功!

徳梅辰郎さんの経験談から、Aidemyでは既にエンジニアの方でも、専門スキルを磨き、自分のキャリアのイメージとあった企業に転職できることがわかります。

Aidemy公式サイト

Aidemy
無料カウンセリングに申し込む

Aidemy(アイデミー)で転職を目指すならプレミアムプランがおすすめ

Aidemyプレミアムプランのトップページ

転職を目指してAidemyを受講するなら「プレミアムプラン」がおすすめです

プレミアムプランでは、転職を視野に入れた本格的な学習ができ、「テキストチャットサポート」や「ビデオメンタリング」といったサポートも受けられます。

その他にも、Aidemyでは個人・法人別や学習内容別に、合計4プランを展開しています。

プランFreeSelectPremiumBusiness
料金無料78,000円298,000円個別見積もり
受講人数1名3〜39名1名10名〜
コース人数10コース12コース〜12コース〜84コース
モバイルアクセス
テキストチャットサポート××
ビデオメンタリング×××
請求書の発行××
管理者向けトレーニング×××
ユーザー権限の詳細設定×××
社内研修のアップロード×××

上記のとおり、個人が転職を目指してAidemyを受講するならプレミアムプラン一択です

以降、本記事ではプレミアムプランを選んだ場合を中心に、紹介していきます。

Aidemyプレミアムプラン公式サイト

Aidemyプレミアムプラン
無料カウンセリングに申し込む

Aidemy(アイデミー)から転職した人の口コミ

まずはAidemyを受講した人のリアルな声を聞いてみましょう。

Twitter上でAidemyの口コミを探したので、いくつか紹介していきます。

こちらは、Aidemyを受講して実際に転職ができたとの内容です。

Aidemyは転職実績を公開していませんが、もちろん転職できた受講生はたくさんいると考えられます。

こちらはAidemyの面白い制度を紹介したものです。

Aidemy社員と転職希望者が食事をすれば、奢ってくれるとのことなので、Aidemyは積極的に転職を支援しているとわかります。

※現在も上記制度を実施しているかは不明です。

最後は、Aidemy社員自身のツイートです。

「やっぱり使う人のこと考えながら作っていくことって楽しいわ」という発言内容から、受講生への温かみや誠実さを感じます

Aidemyの手厚いサポートを受けて、転職できた受講生はたくさん存在するようです。

Aidemyの評判・口コミ

【Python】Aidemy(アイデミー)の評判・口コミはどう?現役エンジニアが調査!

9月 8, 2021

Aidemy(アイデミー)の充実した転職サポート

続いて、具体的にAidemyの充実した転職サポートを紹介していきます。

下記の4点について、詳しく解説していきます。

Aidemyの転職サポート
  • 転職に有利なポートフォリオが制作できる
  • キャリアコンサルタントによるメンタリング
  • 転職に必要な教材の選定
  • 特待生制度による企業への紹介

それでは、順番に見ていきましょう。

転職に有利なポートフォリオが制作できる

オンラインで学習可能

Aidemyでは、転職に有利なポートフォリオを受講中に制作できます。

ポートフォリオは転職活動において、未経験者が実力を証明できる武器になるので、非常に大切です。

受講中に制作できることで、サポートを通して高品質なポートフォリオをスムーズに制作できますし、効率よく転職活動に移行できます。

キャリアコンサルタントによるメンタリング

転職サポートが充実

Aidemyでは、キャリアコンサルタントによる定期メンタリングを実施しています。

専属のキャリアコンサルタントのメンタリングを受けることで、下記のような疑問を解決できます。

キャリアコンサルタントで解決できる疑問点
  • AI企業の適不適
  • AIエンジニアに必要なスキル
  • AIエンジニアの収入

あなたは受講生として遠慮せず、不安や疑問に感じたことを何でも相談できます

受講生は専門家のアドバイスのおかげで、万全な状態で転職活動に臨めるのです。

転職に必要な教材の選定

教材を自由に選べる

Aidemyでは、転職に必要な教材を選定できます。

他のスクールが決まりきった教材を使用する中、Aidemyでは転職目的に適したものを厳選できるので、効率よく学習を進められます。

先述したキャリアコンサルタントと連携して、目指すべきエンジニア像に沿った学習内容を選びましょう。

特待生制度による企業への紹介

特待生キャンペーン

Aidemyの就職支援制度には、「特待生制度」というものがあります。

特待生制度とは、Aidemyが転職候補の会社に対して「成績優秀者」として紹介してくれるので、内定をもらいやすくなる制度です。

好成績を取ることは、自身のスキルアップにつながるので、一石二鳥です。

補足:無理な斡旋はしないので安心して転職に臨める

転職先をじっくり選ぶことができる

プログラミングスクールの中には、人材斡旋を通して紹介料をもらう事業を展開しているところもあります。

すべてではありませんが、中には「受講生を無理やりブラック企業に転職させる」ような、悪徳スクールも存在します。

その点、Aidemyは企業から紹介料をもらっていないので、無理な斡旋を受けることがなく、納得行くまで転職活動を続けられます。

Aidemy公式サイト

Aidemy
無料カウンセリングに申し込む

【注意】Aidemy(アイデミー)で転職するならSESは選ばない

自社開発・受託開発がおすすめ

ここで1点、とても重要な注意点をお知らせしておきます。

それは「転職するならSESを選ばないこと」をオススメします。

その理由についてはたくさんあり、具体的には下記のとおりです。

SESのデメリット
  • 下請け&派遣なので、収入が低い
  • スキルが低い上に、年齢が高いと仕事が選べない
  • やりがいを感じづらく、帰属意識が薄い

上記のとおり、無視できないようなデメリットが多数存在します。

そのため、エンジニアとして転職をするなら「自社開発企業」や「受託開発企業」を選ぶことをオススメします

特に「自社開発企業」は、色々なことに挑戦できる上に、収入も高い傾向があるので、転職先として非常に人気です。

Aidemy(アイデミー)で転職すると年収はどれくらい?

AIエンジニアの必要性

Aidemyを受講してから転職するとなると、職業としては「エンジニア」や「プログラマー」になります。

これらの職業の平均年収は、下記のとおりです。

平均年収
  • ITエンジニア:520万円
  • プログラマー:438万円

データ参考:求人ボックス 給料ナビ

厚生労働省の賃金構造基本統計調査(令和2年)によると、日本の平均年収は459万8000円と言われています。

つまり、エンジニアの場合は平均年収より高く、プログラマーの場合は平均年収と同額程度だということです。

ただし、ここでAidemyが「AI学習」に強いプログラミングスクールであることを加味すると、年収はもう少しアップします。

AIエンジニアの平均年収

AIエンジニア:599万円

データ参考:求人ボックス 給料ナビ

AIの分野は、IT業界でも人材の需要が高く、収入が高い傾向です。

年収にこだわって転職を目指すのであれば、AIエンジニア・プログラマーを目指せるAidemyは最適なスクールでしょう。

Aidemy公式サイト

Aidemy
無料カウンセリングに申し込む

Aidemy(アイデミー)からの転職で年収1,000万円を稼ぐ方法

最後に、Aidemyからの転職で年収1000万円を稼ぐ方法を紹介しましょう。

年収1000万円と聞くと、多くの人が非現実的だと感じるでしょうが、エンジニアなら実現することが可能です。

具体的なステップは、下記のとおりです。

Aidemyを受講して年収1000万円になる方法
  1. Aidemy(アイデミー)を受講してAIエンジニアに転職する
  2. AIエンジニアとして2~3年勤務する
  3. フリーランスのAIエンジニアになる

それでは、詳しく解説していきます。

1. Aidemy(アイデミー)を受講してAIエンジニアに転職する

AIエンジニアとしてのキャリアスタート

まずはAidemyを受講して、AIエンジニアに転職しましょう。

未経験なら、第一に優先することは「自身のスキルアップ」です。

エンジニアの世界は、スキルが収入と直結するので、学習しつつ給料をもらえる「会社員」としてスタートしましょう

Aidemy公式サイト

Aidemy
無料カウンセリングに申し込む

2. AIエンジニアとして2~3年勤務する

実務経験を積んでスキルアップ

会社員のAIエンジニアとして、2〜3年勤務します。

ここで大切なのは「AIエンジニアの実務経験を積むこと」です。

実務経験は一定レベルのスキルを証明する武器になるので、独立したい人でも我慢して数年間は会社に勤めましょう

3. フリーランスのAIエンジニアになる

貴重な人材になろう

実務経験を2,3年積んで、ある程度のスキルが身についたなら、フリーランスAIエンジニアになりましょう。

フリーランスとして独立することで、高収入の案件を「自分の意思で」選ぶことができます。

これまで培ったスキルや実務経験を提示すれば、年収1000万円に到達できる高収入案件でも次々と採用されるに違いありません。

【まとめ】Aidemy(アイデミー)で転職を目指すならまずは無料相談がおすすめ!

Aidemyプレミアムプランのトップページ

本記事では「Aidemyの転職」について、徹底解説しました。

本記事のポイント
  • Aidemyを受講して転職を目指すなら、プレミアムプランがおすすめ
  • Aidemyでは、教材選択による効率的な学習や特待生制度など、手厚い転職サポートが受けられる
  • AIエンジニアになれば高年収を目指せる上に、年収1000万円も夢ではない
  • Aidemyは既にエンジニアの方でもキャリアアップのためのスキルを身に付けるためにおすすめ!
  • AI分野のエンジニア・プログラマーとして転職したい人なら、Aidemy一択!

「年収をアップしたい!」「AI分野に携わりたい!」と思う人は、ぜひAidemyプレミアムプランの受講を検討してみてください。

Aidemy公式サイト

Aidemy
無料カウンセリングに申し込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA